樹木葬 2022.1.27

 

約1分でわかりやすく解説シリーズ!

今回は樹木葬のデザインを3つの種別に分けて解説したいと思います!

【樹木葬墓を3つのデザインに分けて説明】
①里山タイプ
②シンボルツリー
③庭園タイプ

お墓のタイプ
①里山タイプ
 手付かずの山、手付かずの自然を丸っと生かしたデザインになります。植樹をするタイプもあれば、元々埋まっているものを生かしたものもあります。

お墓のタイプ
②シンボルツリー型
 人工的に埋めたもの、その周辺を工事してシンボルに見立てたもデザイン。一本の桜の木、一本の梅の木ですとかそういったシンボルツリーを中心に遺骨を埋葬する形になります。横浜市の市営の霊園などに使われているタイプです。

お墓のタイプ

③庭園型
 庭園型のデザインになっている。数本のシンボルツリーに頼るのではなくて庭のように作る形です。お寺の境内の中ですとか霊園の中に庭を作り込むようにデザインしたのが庭園型の樹木葬です。

あなたが望むような樹木葬はどのタイプでしょうか。

記事をシェアする

関連記事

見学予約や資料請求、ご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

0120-763-948電話受付時間:9:00〜17:00 土日祝日も含む